道産子OLたらのこの日記

全国転勤OLたらのこによる田舎暮らし、食べ物にまつわる日記。

ケの話~④

こんにちは、たらのこです。

 

前回シェービングサロンで襟足と顔をきれいにしてもらったたらのこ。

数日後にアリシアへ行きました。

アリシアでは顔の施術がある場合、化粧を落とす&コンタクトレンズを外さなくてはなりません。パウダールームも一応ありますが、手洗い場は無く正直衛生性に欠ける印象でした・・・。ビルのお手洗いを使用してもいいみたいですが、そこもあまりきれいではない・・。あらかじめすっぴん&メガネで訪れた方がいいと思います。

施術で使うノズルは何種類かあるようで、おでこと頬には定点でピッと当てていくタイプのもの、えりあしには吸盤タイプのノズルが使われました。医療脱毛とはいえ全然痛くないです。隣の部屋からはうめき声が聞こえてきたので、「怖いですね笑」とスタッフに話しかけたところ、「おそらくお隣はVIO脱毛のお客様ですね・・」とのこと。

絶対VIOはミュゼの軽めのやつを継続しようと思ったのでした。怖すぎる・・効果は抜群なんだろうなぁ。

初回だったので、施術後ドクターの診察を受けます。異常が無いことを確認し、会計へ。炎症があった場合の塗り薬と初回限定でハーバルジェルを三本もらいました。

こういう点でクリニックは安心ですね。

顔も襟足も産毛のようなものなので、施術後の効果は全くと言っていいほど体感できていませんが、何回か通えばきれいになるはず。真面目に通おうと思います。

 

たらのこ

ケの話~③

こんにちは、たらのこです。

 

アリシアクリニックの一回目の予約を入れました。

だいたいのサロンやクリニックは予約日の前日くらいに自分で該当箇所の毛を剃っておかなくてはなりません。

ただしえりあしや背中は自分で処理できないので、免除になることが多いです。

 

えりあし処理にはVIO脱毛のように形があります。

W型、U型、パッツン型など・・全然知らなかったです。

知らないなりにも失敗はしたくないし、アリシアがどこまで対応してくれるかわからなかったので、初回だけシェービングサロンに行って事前に形を作ってもらってからアリシアの脱毛に行くことにしました。一度できれば次回からはうっすら施術箇所の境界線ができるような気がするので。

床屋に行く時代でもないので、かみそりでのシェービングをしてもらったことがありませんでした。肌がかみそりの刃に負けないことを結婚式の前にチェックしておきたかっったこともあり、初シェービングへ。顔と襟足のコースにしました。

ホットペッパービューティで検索して、家の近くにあるチェーンのサロンを予約していきました。ショッピングビルの中に入っている小さなサロンでした。

結婚式に向けてシェービングをすること伝え、W型のえりあしをすすめてもらったので、それでお願いすることに。初回割引があったので、奮発してスチーム付のシェービングに。これが気持ちいいのです・・・。昼下がり保健室のような硬いベットの上で温かいスチーム、スーッと肌をすべるかみそりの音・・・なんかわからないけどスタッフが作業している水の音・・これはASMR・・・・

 

夢見心地で施術は終了し、「今入会費(2000円)を払って会員になれば次回割引チケット(2000円以上)がもらます」と言われたので、結婚式直前に割引券を使えばお得と思い即購入。手続きが終わり、割引券を手渡してもらったところ、なんと

 

「有効期限 発行から一か月」

 

結婚式まであと七か月・・・・・・有効期限切れるやん・・・

 

無駄に一か月以内にもう一度顔剃りに来なきゃならないなんて・・

ASMRの快楽も虚しく帰路に着くたらのこでした。

ケの話~②

こんにちは、たらのこです。

 

前編に引き続き、ケの話について。

紆余曲折あってアリシアクリニックのカウンセリング予約を入れたたらのこ。

ビルのワンフロアにあり、立地や雰囲気はミュゼなどとあまり変わらない感じでした。

サプリメントやスキンケア商品などのプロモーションもたくさん。クリニックってあまり営業活動をしないものだと思っていたのですが、エステと大差ありませんでした。

 

スタッフさんに呼び出され、カウンセリングルームへ。

 

私はあらかじめお願いするパーツを決めていました。えりあし、頬、おでこです。

これには理由があります。背中や鼻下・顎なども検討したのですが、やっぱりキリがなくなるんです。無限に財産があればよかったのですが、結婚式にかかる費用もはっきりしない中で脱毛にお金をかけるのはリスクが大きすぎると判断しました。それでも10万円程度なら払ってもいいなと思えたので、えりあしと顔のパーツに絞って選択することにしました。正直、おでこより鼻下や顎の毛の方が気になっていました。特に顎については30代に入ってから黒く太い毛がたまに生えてくるようになったのです・・ショックでした。友人や同僚も30代を境に同じような経験をしているようで、おそらくホルモンバランス等に変化がある年頃なのでしょうね。いろいろ調べていくと、40代でも鼻下・顎はどんどん濃くなる場合があるみたいです。そうであれば、今鼻下と顎をきれいにしたところで、5年~10年後くらいにまた新たな毛が生えてくるのではないか、それなら40代に入ってから脱毛して根こそぎ消えてもらった方が経済的なのでは?という考えから、年齢差があまり無さそうな頬とおでこを選びました。「眉間」というパーツもあって悩んだのですが、至近距離で見ない限りは気にならないかなということで却下しました。

 

話は戻ってカウンセリングへ・・

クリニックの脱毛では6~8回くらいが完了目安であること、しかし毛が薄い箇所は色素が認識されにくいので、もっと回数を見ておいた方がいいこと、通い放題のプランがあることなどを教えてもらいました。私の希望するパーツではえりあしを通い放題にした方がいいとのことでした。

スタッフさんには「全顔コース」をすすめられました。もちろんお金があればやりたいですが、5回で約18万円、うーん・・ありかもしれないけど、スタッフの説明ではもっと回数を積んだ方がきれいになるとのことなので8回・・約25万円・・いやいや高いだろえりあしも受けるのに・・

気持ちは揺らぎましたが、初志貫徹ということで、えりあし通い放題&頬とおでこ全6回の契約を12万円程度で結びました。ローンを組んで毎月少額ずつ返せるプランなどもありましたが、人生何か起こるかわからない中で脱毛のローンなんて絶対組みたくないと思ったので、検討外でした。

 

落とし穴

ぼったくられることもなく、契約完了したたらのこでしたが、個人的には騙されたような気持ちになっている箇所が二点ほどありました。

 

1. 予約が全然取れない

いざ会員になって予約を取る段階で、全然空いていないんですよ。専業主婦やフリーランスだったらいいかもしれないけど、会社員にはきついです。三か月に一度の頻度で通えるはずなんですが、日取りによってはもっと間隔が空くような状態でした。(最近はマシンの更新で所要時間が減ったので予約は取りやすい)これじゃあ結婚式までに二回くらいしか通えない!

 

2. オンライン予約ができない

これがショックだったのですが、全身脱毛以外はオンラインの予約ができないとのこと。ミュゼ時代は小さなパーツでもスマホアプリで予約ができたので、設定さえ入れておけば急なキャンセルが出た場合通知がきて滑り込み予約ができたり便利だったんですよね。しっかりサイトを調べておけばわかったことかもしれませんが、わかりにくいし盲点。。毎回電話で確認を取らなければならず、面倒です。

 

結局、結婚式のための脱毛というよりは日常向けになってしまいましたが、

まあ人生長いので、いいかな、ということで、気長に通いたいと思います。泣

 

今日はこのへんで、次回は実際の施術の話を書きたいと思います。

 

たらのこ

ケの話~①

こんにちは、たらのこです。

 

今日は毛の話をします。

 

ドレスを着るには首うなじ背中のシェービングが必要です。

気にならない人はしなくても大丈夫ですが、気になりますよね・・

花嫁には照明が当たって注目を浴びるのでなおさら毛が目立ちます。

 

たらのこは結婚式に向けて毛のことでめちゃくちゃに悩みました。(暇なのか)

というのも、昔から背中の毛が多いと母に呪文のように言われコンプレックスだったのです。今になってみるとそこまででもなく、母が極度に毛が薄い(無い)タイプの体質だったので、私のが多く見えたのでしょう。仕方のないことです。

 

たいていの花嫁さんは式の一週間前くらいにシェービングをしてもらうんですよね。

シェービングサロンやエステで一万円くらいお金を払えばドレスを着た時に露出する箇所を全てきれいにしてくれます。それで十分なんです。

でもたらのこは悩んでいました。その場しのぎとかじゃなくて根本的にきれいな肌で式の日を迎えたい・・シェービングは荒れるかもしれないし・・・

そして職場のお姉さんに襟ぐりの広いニットやシャツをお召しになっている方がおり、彼女の背中がとてもきれいなのです。やっぱりこれを機にひとつ毛を排除しておいた方がいいのではないか・・・

あとは顔。毛のことを考えているとありとあらゆる毛が気になってきます。

顔もこれまであまり気にしたことがなかったけれど、よく見たら頬周りとか微細な産毛がびっしり生えている・・これって斜め後ろとかから見られたら結構目立つんじゃ・・

どんどん気になって脱毛サロンとクリニックを片っ端から調べました。

 

私は学生時代からミュゼの会員なので、チケットを購入してうなじや顔の脱毛をしてもらおうと考えましたが、残念ながらミュゼには顔のメニューがありませんでした(今はわかりませんが)。

キレイモが大々的にキャンペーンをやっていたので惹かれましたが、キレイモは全身脱毛しかメニューがありません。きれいにしたいけど全身はいらないかな、ミュゼで済ませた箇所もあるし・・と踏ん切りがつかず、カウンセリングを予約したものの、結局お断りの電話を入れてしまいました・・。エピレや銀座カラーなども調べてみたけれどいまいちピンとこず・・・ここまで調べた挙句、クリニックの脱毛しようと方針を転換しました。サロンは割安ですが、満足できるまでの照射回数が長く、期間がかかります。クリニックであれば単価は高いですが、通う回数が少なくて済みます。たらのこの場合、結婚式まで半年ちょっとしか無いし、結婚してライフイベントが増えていくことを考えたら短期間で済むクリニックの方がメリットが大きいので、クリニックにしました。クリニックも色々ありますが、私が調べた中で比較的安価で細かいパーツを選べるのはアリシアクリニックでした。

ということでアリシアクリニックにほぼ心を決めてカウンセリングの予約を入れました。

 

続きは次回更新したいと思います。ご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

たらのこ

結婚式用のメッセージカードを買いました

こんにちは、たらのこです。

式場と日取りとカラードレスが決まって一安心。

他にも準備を進めたいけれど、8か月前の段階(しかも遠距離)にできることは限られています。

そこで、ゲストのテーブルに置いておくメッセージカードの準備に着手することにしました。

私は自分の結婚式には必ずメッセージカードを置こうと思っていました。

当日はゲスト一人一人とゆっくり話すことはできないので、せめて来てくれた感謝だけでも伝えたかったからです。

 

皆さんはいつメッセージカードを準備しますか?

友人の中にはほとんど徹夜のような状況で準備したという子も・・

私は急いで書いたメッセージなら渡さない方がいいと思っています。

というわけで、とんでもなく早いですが結婚式の8か月前にメッセージカードを購入することにしました。

 

カードはテーブルコーディネートや会場の雰囲気に合わせたかったのですが、

このタイミングで決まっているはずもなく・・

どんな雰囲気にも対応できそうなカードを探すことにしました。

100枚以上のカードが必要なので、ネットでこれを選びました。

 

 

 

柄も何種類かあるし、余っても普段使いできそうなのも良いところです。

 

 

 

 

在庫が薄いものもあったので(随時入荷はしているようですが)、余裕を持って準備するのが良さそうです。

 

後日、カードが無事に届いたので、少しずつメッセージを書きためていくことにします。

 

今日は短めですが、ここまでで・・

たらのこ

第一回 衣装合わせ

こんにちは、たらのこです。

 

今日は衣装合わせについてです。

時間が前後してしまいますが、じっくり書きたかったので・・。

 

ブライダルフェアの時に会場でドレスを試着させてくれた衣装屋さん。

板野友美さんに超絶似ていてかわいかった)

「遠距離ならばすぐにでも衣装合わせに取り掛かった方がいいです!」との強い勧めにより、フェアの翌日には第一回の衣装合わせに行ってきました。

この町には衣装屋さんは二、三箇所しかなく、試着させてくれた衣装屋さんは一番の大手だったので迷いもありませんでした。

展開早いな~と思いつつ、衣装選びには不安があったので、有難かったです。

 

衣装合わせの日は本州に帰る日。二時間程度しか残されていなかったため、カラードレスを選ぶことにしました。カラードレスは本人達の印象から会場の雰囲気まで大きな影響があると思ったからです。さらに私は何を着ても似合う美人では無いので・・慎重に選ぶ必要がありました。白ドレスについてはあまりこだわりがなく、何が似合うのか判断できそうになかったので、後回しにしました。

 

前夜にネットで事前に下調べをして、蜷川実花ドレスがいい!!しかも緑のやつ!!!と心を決めていた私。試着ルームに着くなり希望を昨日のスタッフさんに伝えたところ、

「お調べしますね~、あっ、こちらのドレスは先約が入っていますねぇ・・」

 

ちーん

 

たらのこ「試着だけでもできませんか?」

スタッフさん「気持ちが着られないドレスに移ってしまって、自分のドレスを幸せに着られなくなるので、先約のあるドレスの試着はお断りしているんです・・」

 

いきなり壁にぶつかったような気持ちでした・・

そうだよなぁ、そのドレスが自分にしっくりしたとしても当日着られないんだもんなぁ、そうしたら代わりに選んだドレス着ても後悔したりするのかぁ

 

それにしても、八か月先の結婚式のドレスに着たいドレスがピンポイントで埋まっているなんて不運だと思ったのですが、後日わかったことがあって、ドレスって新婦の体に合うように微調整するんですよね。本番数週間前に最終試着をして、お針子さんが様子を見てウエストやバストを詰めたりするんです。結婚式後にそれをほどいて整えたりもするので、一か月間くらい一人の花嫁さんのために取っておかないといけないのです。

私はそこまで考えていなかったので、一週間くらいなもんだと思っていました。

 

気を取り直して試着を開始。他の蜷川実花ドレスを二着ほど試しました。

緑色には未練があるものの、意外と赤系や黄色系も良い!

スタッフさんはさすがプロなので、私の肌色に合いそうなドレスをどんどん持ってきてくれます。自分ではピンと来なくても、着てみると「ああ。(ありかも)」となるわけです。尊敬します。

私は普段モノトーンの服しか着ないので、シンプルなドレスも着させてもらえるようにお願いしたところ、moussyの紺色のドレスを紹介されました。へえ、moussuってドレスもやってるんだー、等と言いながら着てみたところ、いまいちしっくりきませんでした。こういうのは本人が十分華やかなモデルさんが着て輝くものなんですね。

 

携帯で遠方の母や義理の姉妹に連絡を取りながら、蜷川さんの黄色系のドレスに決定しました。あと八か月あるので変更してもいいし、新作が入ってきたらそっちに乗り換えてもいいとのことなので、気楽です。本当は二着まで予約できるみたいですが、他に気に入ったものがなかったのでお断りしました。私みたいにドレスが試着できなくて悲しむ人を減らしたかったので・・

 

最後に価格について。

私達のプランは衣装とヘアメイク合わせて25万円程度のものでした。

10万円程度、仏滅価格で安かったです(笑)

こだわりがなければプラン内でおさめられるのかもしれませんが、多くの衣装はプラス料金がかかります。

 

この衣装屋さんは試着中はお金のことは一切言及なしでした(聞けば教えてくれるはず)。札幌の友人はドレスを手に取るたびに「これは50万円アップです~」などと解説してもらったそうです。っていうか50万円って・・高くない!?というのは置いておいて、試着が終わってから打ち合わせデスクに案内されて価格について説明があり、蜷川さんのドレスは8万円のアップでした。

ケチるつもりはなかったので(さすがに50万円は難しい)、了承。衣装を予約するためには頭金が必要とのことで、その場で五千円払いました。

 

急いで空港へ向かい、本州へ・・いやー疲れた・・

二時間もあればいくらでも試着できると思っていましたが、ドレスを準備してもらって、着せてもらって、鏡を見ての繰り返しは結構時間がかかりました。

中に着用するパニエの形もバリエーションがあるそうで、同じドレスでもふんわり見せたり、シャープに見せたりできるそうです。

 

私は好みがはっきりしているのでさっくり決まりましたが、どんなドレスも着こなせるお姫さま要素の強い人は大変なんだろうなぁ。

 

こんな早いタイミングでドレスが決まって良かった!!

 

たらのこ